〒666-0024兵庫県川西市久代6-2-4-123
エンゼルハイムパークステージ4番館前

お問い合わせはこちら 072-740-2010

川西市 内科 循環器科 心臓病 睡眠時無呼吸症候群 生活習慣病 禁煙

トップページ医師の紹介医院案内交通案内初診の方へ院長コラム

医師の紹介

2名の方が治療中!
H30年2月現在

CPAPにて80名の方が通院中!
H30年2月現在

院長コラム 循環器科 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群

mobilesite

トップページ»  医師の紹介

ごあいさつ

院長 小田垣 正言(おだがき まさのぶ) 和顔愛語の精神をモットーに、日々診療をさせて頂いております。
常に笑顔で接し、地元の方々から親しまれ、何でも相談して頂けるクリニック目指し、がんばっていきます。どうぞ、末永くよろしくお願いします。

院長 小田垣 正言(おだがき まさのぶ)

登録医(市立川西病院、市立池田病院、市立伊丹病院、近畿中央病院、巽病院)

院長略歴

院長 小田垣 正言(おだがき まさのぶ)

平成2年3月
兵庫医科大学 卒業
平成3年6月
兵庫医科大学 第一内科(循環器内科)入局
平成5年4月
大阪暁明館病院 内科(循環器)勤務
平成10年4月
兵庫医科大学 第一内科CCU勤務
平成10年9月
宝塚市立病院 循環器内科 主任医長
平成16年9月
医療法人マックシール巽病院 心臓血管センター(睡眠呼吸障害センター兼務)室長として勤務
平成21年6月
おだがき循環器内科クリニック 開院

所属学会

  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会
  • 日本睡眠学会

専門とする疾患など

院長 小田垣 正言(おだがき まさのぶ)
  • 虚血性心疾患
    (狭心症、急性心筋梗塞、経皮的冠動脈形成術後)の治療
  • 心不全、高血圧、心臓弁膜症、不整脈などの心臓病管理
  • 生活習慣病(脂質代謝異常症、糖尿病、痛風)などの管理
  • 睡眠時無呼吸症候群の検査とCPAP治療の管理
 

スローガン(めざすべき医療とは)

川西の地で、いままでの経験を生かして、患者様とこれからもゆっくりとじっくりと診療していきたいと思っています。

スローガン

(1)循環器疾患のきめ細やかな診療

平成3年医師免許を所得して、研修医2年間行いました(循環器内科として、その後6ヶ月ずつ 血液内科と呼吸器内科、肝胆膵内科を研修)。平成5年より単独診療を開始しました。その後は一度として臨床現場より退いた事がありません。循環器の特に心臓カテーテル検査における虚血性心疾患、急性心筋梗塞、狭心症の治療に携わってきました。カテーテル治療を受けられた方や狭心症の方々のきめ細やかな治療を行っていきます。

(2)病診連携による最適な施設紹介

北摂地区に臨床の場を移し、10年間、宝塚市立病院、巽病院での診療を通して、沢山の先生方との交流を深めて来ました。現在の北摂地区の病院のなまの現状を十分に把握しております。今後の診療所の患者様における入院加療に関しては、いろいろな助言や指導ができると思っています。病院の名前だけではなく、患者様個々の性格や相性も十分配慮した病院選択を試みたいと思っています。

(3)睡眠時無呼吸症候群における検査と治療

10年前宝塚市立病院にて無呼吸外来を新設して、診療を開始、その後巽病院でも無呼吸外来を継続して10年が経過しました。CPAP導入におけるポイント及びその後の管理について今後もより患者様のニーズに応えれるように考えていきたいと思っています。

(4)一般内科診療 よろず相談所 としての活動

今までの病院でも夜間診察として内科診療を手掛けておりました。また救急外来(救急車を含む)併設の急性期病院のみで現在まで就職しており、一般の内科急性期疾患についての診療は可能と考えております。
現場のチカラ「現場力」を今後も磨き診療を築き上げていきたいと思っています。

 

クリニックのロゴマークについて

Odagaki CardiologyClinic(当クリニックのロゴマークの由来)
“和顔愛語”のテーマをロゴマークに取り入れるためにどうしたらいいか?
と考える事から始まりました。テーマの色は、温かみのある緑かオレンジ系の色が良いのではないか?と言う事となり、その後いろいろな物を作って頂きました。
そしてこのロゴマークが出来上がりました。

左下と右上のマークは人の形を表しており、この二人は患者様とクリニックのスタッフ一同を表現しており、和顔愛語のもとでお互いが手を取り合って心臓(ハート)を守っていきたいという、クリニックの願いであり、診療姿勢を表しています。
また人の頭の形をローマ字の O 両手がローマ字の C を表し、
OCC(Odagaki Cardiology Clinic)という意味も併せ持っています。

後日談 このロゴマークを考えて頂いた風光社のKさんは、私の同級生の堀井先生(本年10月開院予定 堀井内科医院)や知り合いの加藤先生(じゅん内科クリニック 宝塚 本年11月開院予定)の担当もその後されていました。偶然ですね!運命的な物を感じます。
ありがとう御座いました。

pagetop